【かさこ塾】イシザワセルフマガジンの作り方(1)他力本願で内容を作る!

かさこさんから教わった「セルフマガジン」

セルフマガジンとは

  • 自分自身を売り込む
  • 自分自身を知ってもらる
  • 自分自身をアピールする

ための


最強の武器!


マシンガンならぬ、マガジン(小冊子)だ。

(また、ブログのタブー!余計な文章を入れてすみません)



(左二冊:かさこさん、右一冊:鯰さんのセルフマガジン)


はい。

そうした中で、どう自分のセルフマガジンを作るかどうか考えてみた。

一応、以前、DTPデザイン(パンフレットやポスター)を作ることをやっていたので、どうしたプロセスで、こうしたマガジンができるのわかるけど。。。


今回の最大のポイントは!!


「内容」



だ!


つまり、セルフ(自分)をどう伝えるか、その内容をどうするかがポイント。

なぜか?

ぶっちゃけていえば、色々な商品の広告をパンフレットを作ったり、ポスターを作ったりする。それぞれの分野にプロは存在するので、そうした広告はそれなりに作れるんだけどね。。。でもね〜

大事なのは実際の「商品そのもの」なんだよね。

もちろん、広告(知ってもらうこと)は大事。

でも、中身のないモノを、いくら外側だけ(広告)をやっても、
それを観る側、消費者側は完全に見抜きます。



いくら見た目が
「キレイ〜〜〜」「かっこいいーー!!」とか

値段表示でも
「うわ、安い!!」


こういうアピールってもう通用しないですよね。






逆に、本当に専門的な話をぶっこんでも

それを観る一般的な人は


「は?」


?マークが100個つくだけ。










ここらへんのバランスが本当に難しい!





だから、今回セルフマガジンを作るにあたって


作りかたを決めました。



(1)かさこさんをはじめ、塾生に相談する
   →原稿は、鯰さんへ相談!

(2)第三者のレポートを集める
   →5〜6人へ、感想を依頼

(3)16ページ分を構成する

16ページ分って重いなぁ〜なんておもっていたら






かさこさんのセルフマガジンをあらためてみたら
40ページもありました。


詳しくはこちらへ



かさこさんのブログはこちら!
  ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎























そして






自分のセルフマガジン原稿は




鯰さんに


相談してみようと思っています。




ホームページ

ブログはこちら





Share:

0 コメント