2013年度江戸川花火大会 三度目の正直

 昨年の2012年の江戸川花火大会は、江戸川方面の篠崎駅、江戸川駅からの土手で花火を観ました。
花火は素晴らしかったのですが…
残念ながら、出店のレベルがちょっとイマイチで、かなりテンションが下がってしまい、今年は対岸の市川駅からの土手で観ることにしました。

そんなわけで…

江戸川花火のちょいメモ


まずは飲食と雑貨品について

市川駅にとなりにはすぐダイエースーパーがあり、飲食品はもとより、雑貨関連も購入が可能。さらに、同ビルに100均のダイソーもあるので、かなり便利。

但し、焼き鳥を買う場合は、市川駅から花火会場へ向かう途中に、「鳥正」という、焼き鳥店が、出店をやっています。
ここの焼き鳥が、オススメです。

もちろん会場近くには、出店もあります。

参考までに…
350mlビールの値段目安

駅まわり : 200円
会場途中 : 300円
会場出店 : 500円




会場のトイレ状況(目測)

▼女性用トイレ
花火開始
2時間前は10m列。
1時間前は50m列。
30分前100m列

▼男性用トイレ
花火開始
2時間前、ガラガラ。
1時間前、30m列。
30分前、50m列。

男性の方の小は、オープンドアで回転が早いので、花火開始30分前でも、10-15分程度の待ちだったかな。

女性の方は…どれくらいでしょうか…
うーん、観た感じだと花火開始30分前は、確実に30分以上は待ちそう。




最後に、会場の空き状況

自分は午後の13時ごろに無料の観覧エリアに行きましたが、もう、団体用のシートは埋めつくされてました。
2〜6人用のエリアは、ギリギリ確保できる感じ。

16時までであれば、2人分は確保できるかな。
17時を過ぎると、一気に人が来場するので、かなり場所の確保がせめぎ合いになります。

裏技な場所取り方法は?

二人くらいの人数であれば、花火開始の15分くらい前に会場入り。
なんとなく、場所を探してる風に、花火のなるべく見える位置へ。
通路上で、場所がないかな〜と探しながら時間を過ごし、花火がスタートすると、そのまま通路上で観覧。
ちょっと、通行の邪魔になって、懸念顔されるかもしれませんが、結構、ギリギリ時間では有効です。

さて…実際の花火は!?

次のブログで、まとめます。

Share:

0 コメント